ケーディースポーツ株式会社 GOLF RANGE CONSTRUCTION
KDタワーシステムKDタワーシステム ゴルフ練習場施設ゴルフ練習場施設 ゴルフ練習場用品ゴルフ練習場用品 フットサル施設フットサル施設
野球場・グラウンド防球施設野球場・グラウンド防球施設 会社情報会社情報
戻る進むTOPICSお問い合わせホーム
KDタワーシステム
特長
工事の流れ
施工実績
工事の流れ
ディテールへのこだわりから生まれた
確かな安全性と信頼の技術
「調査・設計」
KDタワーシステムは、建設予定地の地盤や気候条件を十分に調査、厳しいチェック体制の基に“完全で安全”な基本設計を行っています。
基礎杭の設計
建設予定地の地質調査
2 傾斜転倒の無い長い杭としての必要長さの検討
3 軸力・水平力・曲げモーメントの作用荷重に対する安全性の強度検討
4 基礎杭とタワー管の接合部の検討
タワー鋼管の設計
地形・周辺の開発状況の調査
2 ポール・ネットにかかる風圧力に対する安全性の強度検討
3 座屈・変位・疲労等に対する安全性の強度検討
4 地震力に対する安全性の強度検討
「基礎工事」
地盤状況及び周辺環境に応じた施工法を選定
鋼管杭を所定の深さまで打設
タワー管差込み深さまで杭管内処理
基礎工事
「地組工事(テーパータイプ)」
鋼管を現場円周溶接(半自動溶接)で1本に接合
溶接部を超音波探傷検査実施
メンテ用タラップ等付属品取付
地組工事
「建柱工事」
吊上げ荷重・作業半径より使用クレーン選定・配置
タワー管を吊り上げ、杭鋼管に鉛直に建て込む
杭・タワー接合部に中詰めコンクリートを充填する
建柱工事
「ネット昇降システム工事」
風速計連動の電動ウィンチを取り付け、強風時には自動的にネット降下が可能
突起のないポール形状なのでネットの接触による損傷が無く昇降もスムーズ
昇降管理不要の固定ネット式も可能
ネット昇降システム工事
特 長施工実績
 
ホーム > KDタワーシステム > 工事の流れ
▲このページのトップへ
Copyright (C) 2002-2005 KD Sports Co., Ltd. All Rights Reserved. サイトマップ本サイトのご利用にあたって